妊娠中で一番大切なこと

妊娠中で一番大切なこと

妊娠中で一番大切なことはストレスを抱えず穏やかに過ごすことです。
でもつわりで気分がブルーになったり、体が思うようにいかず苛立ってしまいがちです。そんな嫌な気持ちをあげるために、美味しいものを食べに行ったり、赤ちゃんの物を見にショッピングに行ったり、お天気の時はお散歩して外出したり体に負担が掛からぬ程度に外に出かけて気分転換することが大事です。
妊娠するとママ自身は元気だと思っていても、想像以上に体は疲れやすくなっています。実際、私も元気でしたし赤ちゃんの成長にも問題なかったので安定期に入り何度か旅行に行きましたが、妊娠前のようにはいきませんでした。

 

 

 

気にせず歩き続けているとお腹が張ってくるため、休憩をとりながら普段よりマイペースに過ごしました。また、旅行の事をかかりつけの医師に相談すると日帰りよりも宿泊を勧められました。
妊娠の期間中はゆったりとした時間を過ごすようにしましょう。
初期の頃は病院でお腹のハリと言われてもはっきりと分からないと思いますが、いえることは無理はしないことです。

 

心理的には妊娠する前のままなので、この程度は大丈夫とか色んなする事があって忙しい場合は心が焦りがちですが、無理すると切迫流産で入院になってしまいます。

 

 

わずかでも体が重くなったら、横になるのが一番ですね。リラックスしたスローライフも気持ちがゆったりして良いと思います。

 

 

 

妊娠している間はホルモンバランスの関係で、気持ちが不安定になりやすくなり、定期的なリラックスタイムが必要です。けれど、運動から食事まで、この頃のお母さんにとって注意しなければならないことがたくさんあり、難しいとも思います。そんなときは、クラシック音楽を聞いてみたり、読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

お母さんが教養をつけることは将来生まれるベビーの教育の第一歩になります。

 

 

軽い挑戦のつもりでやってみませんか。

 

妊娠線が付かないようにするには太り過ぎないよう注意する他に妊娠線予防クリームが大事だとよくいわれていますよね。

 

そして妊娠線予防クリームを塗る際、マッサージをすることも忘れずに。

 

 

脂肪をマッサージで揉みほぐしておくことで妊娠線が出にくくすることが期待できます。
その際は十分な量のクリームを手にだし、まんべんなく馴染ませた後、縦横に塗り込んでいくのがコツです。

 

 

 

また掴めるところはしっかり掴んでもむ事も忘れずにしましょう。妊娠中は妊婦検診での経過に問題がなければ、お医者さんからウォーキングなど軽い運動をするように言われるかもしれません。出産での体力の消耗は大変なものなので、妊娠中から体力をつけておくと良いのです。同時に、増えやすい体重をコントロールする目的もあります。しかし、お腹の張りが頻繁に起こるなど運動を制限されている人は、先生の指示に従いましょう。間違っても、運動は妊婦検診の経過が問題ない人が行うものです。

 

友人から、妊娠すると妊娠線が出来ると聞いて、怖くなり色々と調べました。まずは保湿が効果的とわかり、安定期以降に毎日毎日必死で保湿力の高いクリームを塗り続けました。一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。

 

 

最終的にいくつのボディクリームを使い切ったものやら…。

 

 

自分好みの香りの保湿クリームを使うことでリラックス効果もありました。

 

 

 

その効果もあり、二人出産しましたが、全く妊娠線は出ませんでした。妊娠している間はホルモンバランスの関係で、精神が不安定になりがちで、定期的なリラックスタイムが必要です。ですが、運動といい食事内容といい、妊婦さんにとって注意すべき点が多く、中々難しいですよね。

 

思いきって、クラシック音楽鑑賞や普段手が伸びにくい重めの本に手を伸ばしてみてはどうでしょう。この期間に教養を付けておけば将来赤ちゃんにいろんなことを教えるために有効です。

 

肩の力を抜いて、挑戦してみましょう。愛する旦那様との赤ちゃんって本当に嬉しいですよね。

 

妊娠したことがわかった瞬間、すぐに旦那に伝えましたしかしこの後すぐにおそってきた悪阻が非常につらかったことを覚えています…。
私の場合は起きるとすぐトイレで胃液を吐き、少し朝ご飯を食べるとまた気持ち悪くなりました。
昼間は気持ち悪さでずっとベッドの上。夕方になると何度も吐きながら主人の夕食の為に台所に立ち、必死の思いでつくりました。ピーク時は全く作れませんでしたが…。

 

けどいつかは必ず終わるものなので、可愛い赤ちゃんのためにも頑張って堪えましょう。
妊娠中に注意しておくべきことはたくさんあります。一年中、お腹をひやさないこと、重いものを持ったり、高い位置に置いてあるものに手を伸ばさないこと。程ほどの運動は良いが思いっきり走ったりしないこと、早寝早起きをして健康的な生活リズムを作ること。
これらは妊娠中誰もが言われることだが、もう一つ、私が妊娠中に言われて一番ためになったと思うことがこれである。お腹の中の胎児に、普段から優しい言葉をかけてあげること。
優しく接すれば、優しい人間になり、冷たく接すれば冷たい人間になる産後もこの言葉の重みを毎日実感している

 

関連ページ

妊娠中の体重管理
妊娠中の体重管理